ドラムトラップの特徴を徹底解説!|みんなの町の水道職人

ドラムトラップの特徴を徹底解説!

台所、お風呂場などには排水口があり、排水トラップが内部にあります。排水トラップは、下水からの異臭を防ぐ役割を果たしています。ただし、まめに掃除をしていないと汚れが堆積し、詰まりを起こしてしまうことも。

排水トラップの中には、ドラムトラップという種類のものがあります。習慣的に目にするものではないので、その仕組みについてわからないという人もいるかもしれません。今回はドラムトラップの特徴を解説します。

トラップって?特徴を解説

そもそもトラップとは何なのか、今回は3種類のトラップについてご紹介します。

ドラムトラップ

排水トラップは、中に封水といわれる水をためています。それがフタの役割をして下水からくるイヤな臭いや害虫をブロックしているのです。

その構造には、大きく分けて3タイプあります。排水管を湾曲させて水がたまるような形状をしている型、お椀を裏返したような仕組みの型、封水をためる箇所がドラム状になっている型をドラムトラップと呼びます。

ドラムトラックはお風呂場に使われていることが頻繁にある構造です。封水が多量なので蒸発してしまうことはあまりありませんが、排水トラップ内部に水が流し込まれても全部の水は入れ替わらず、オートマチックに洗浄はされません。

したがって、定期清掃をおこない排水トラップを清潔にしておかなければなりません。

椀トラップ

椀トラップはその名前が示す通り、お椀に似たような形をしているのが特徴です。これをひっくり返しながら排水管上部からかぶせて使用します。

形状が単純で清掃しやすいところが椀トラップの利点です。ただし、この椀トラップは排水管のイヤな臭いが逆流してしまうのが難点となります。
その理由は、他のトラップよりも比較的水量が少なめで、蒸発しやすくなっているためです。この水が蒸発した場合、汚水の空気が流れ入ってしまう危険があります。

管トラップ

洗面所下部でよく目にする管がぐにゅっと曲がったトラップのことを菅トラップといいます。この排水管は、形がカーブしているため貯水することが可能です。カーブした部分に水が貯まることにより、排水管からの空気や不快な臭いを防いでくれるのです。

菅トラップには、以下3タイプがあります。

・カーブした後、壁方向へ水平に伸びるP型トラップ
・カーブした後、床方向に伸びるS型トラップ
・入口は両方水平で、その途中でU字型にカーブしているU型トラップ

菅トラップは、水を使用すれば自然に洗えますが、髪の毛が詰まりやすいという弱点があり、掃除が不要というわけではありません。ただ、他のトラップのように排水口に設けられているわけではないので、場所を必要としないという点は利点となるでしょう。

ドラムトラップが故障する原因

ドラムトラップは封水が蒸発することは稀ですが、その他の現象により通常の役割を果たせなくなることがあります。

以下、4つの現象について紹介します。

毛管現象

毛管現象は、細長い管の中を水が逆流してしまう現象のことです。これは、排水トラップ内部に毛髪のような繊維質のゴミ汚れが混入することで生じます。

自己サイホン現象

洗面台内にためられた多量の水が栓を抜いたあと一斉に流されると、排水トラップ内部は、満水になります。すると、圧力で排水トラップ内部の水は、洗面台と排水管内部の水位を均一にしようとする力が働きます。このことを自己サイホン現象といいます。

すい出し作用

すい出し作用は、マンションで生じやすい現象です。縦に通る排水管上部から一斉に多量の水が流れ出したとき、圧力で封水が多量の水に引っ張られて同時に流れ出てしまうのです。

はねだし作用

はねだし作用は、縦に通る排水管上部から一斉に多量の水が流れ出たとき、横に通る排水管が短いと生じやすい現象です。流れる水を横に通る排水管にスムーズに流しきれず、排水口へ逆流して洗面台に噴き出してしまいます。

排水トラップで生じやすい問題

ドラムトラップが故障する4つの原因の他にも、排水トラップで起きやすい問題があります。以下4つの問題には注意してください。

・トラップに水が溜まっていない
排水トラップは封水がフタとなりイヤな臭いや害虫をブロックしています。つまり、封水がなくなってしまったら、その機能がなくなるということです。

そして、蒸発したり排水トラップ内部が破損して水が溜まらなかったりすると封水がない状態になります。蒸発してなくなっているだけのケースは、静かに水を注入して再び水を溜めてください。トラップ内が壊れていたときは、すぐに新品と交換しましょう。

・汚れによるイヤな臭い
いつも水が蓄積されている状況は、排水トラップにとって必須です。ただし、いきすぎるとカビや雑菌が生じる要因にもなります。習慣的に清掃し、カビや雑菌の元となる汚れを溜め込まないようにすることが大切です。

・経年劣化によるもの
どれだけ綺麗に使っていても、経年の劣化は防げません。長年の劣化により排水トラップが故障してしまうこともあります。定期清掃の際には、排水トラップの状態もよく観察し、壊れそうなところがないか確認しておきましょう。

破封に注意

ドラムトラップのような排水トラップで注意しなければならないのが、破封です。排水トラップから異臭がしてきたら、破封の疑いがあるかもしれません。
破封とは、排水管内にある下水の臭いや空気が屋内へ流れ込んでしまうことをいいます。この原因は、おもに封水の減少によるものです。

先述しましたが、封水は排水トラップ内にたまっている水のことです。排水管内から臭いが屋内に流れこまないように防止する役目を果たしています。この封水が蒸発によってなくなると破封が起こるのです。

破封を防ぐには、排水管内の汚れをまめに取り除いておくことが大事です。とりわけ毛髪や繊維質の汚れは詰まりを起こしやすくなるため、パイプクリーナーを使って清掃しましょう。

ドラムトラップのお手入れ方法

ドラムトラップは、お手入れすることで破封などの問題を防ぐことができます。ここからはドラムトラップのお手入れ方法をご紹介します。

ドラムトラップ内にある網目状のかごをバスケットといいます。このバスケットは、製品メーカーでは毎日1度の清掃がすすめられています。なるべくまめに清掃するように習慣づけるとよいでしょう。

ナットをゆるめて、ふたを外すとバスケットをもち上げることができます。外したあとは、台所スポンジや用済み歯ブラシなどを使用して清掃しましょう。清掃が終了したら、逆の手順で元に戻せば終了です。

普段からこういった清掃をして、汚れがひどくなったときにはパイプクリーナーを使うと一層効力があります。

ドラムトラップの交換方法

ここまで説明してきて、ドラムトラップを含む排水トラップの特徴をおわかりいただけたかと思います。その特徴をふまえた上で新品のドラムトラップに交換したいというときには、専門業者に依頼することをおすすめします。

排水トラップにはいろいろな種類があるため、交換のときは大きさをきちんと測って準備する必要があります。そして、取り付けるには特別な道具が必要なケースもあります。
くわえて、以前と異なる種類の排水トラップに交換するとき、取り付け方法が誤っていると水漏れの引き起こしてしまうこともありえます。その作業に失敗してしまうと、さらに状況を悪化させてしまう恐れもあります。

専門業者に依頼すれば、水漏れの問題を心配する必要なく、正確な知識でドラムトラップを交換してもらうことが可能です。作業費用はかかるものの、安全にきちんと交換することができれば、結果的に節約につながるでしょう。

まとめ

今回はドラムトラップの特徴について詳しく解説してきました。ドラムトラップは排水トラップの仲間で、排水ますと同様の仕組みをしており、これは主としてユニットバスや浴室に使用されています。

本記事内でお伝えした「破封」を防ぐためにも日頃からこまめなお手入れを心がけておきましょう。